脱毛器の基礎知識

自宅用脱毛器と毛周期の基礎知識

自宅用脱毛器でムダ毛処理しようと思った方に購入前に知っておいてほしい基礎知識!

 

自宅用脱毛器基礎知識

この自宅用脱毛器の基礎知識を生かしてご自分にあった脱毛器を選ぶ参考になればと思います。
今現在自宅用の脱毛器の機種は増えていますが脱毛サロンや自宅用脱毛器は医療用の脱毛器と違い出力が制限されています。このサイトでご紹介している脱毛器はそれぞれ機能の違いは多少ありますが性能面では大差はないすべて高性能な人気のある脱毛器です。でも何を基準にすればいいのかわからないまま購入するとあとあとになってこっちの方が自分に合っていたかもなんてことがないようにしたいものですよね。ここではその脱毛器の仕組みや種類、それぞれの特徴を
見ていきたいと思います。

 

自宅用脱毛器の種類

 

自宅用光脱毛器(IPL脱毛)

自宅用脱毛器基礎知識
光脱毛は、通称IPL(intense pulsed light)インテンスパルスライトの略で光を毛根の
メラニン色素に反応させて脱毛する方法です。照射出力はレーザーよりも弱いため、
医師でなくても安全に使うことが出来ることから光(IPL)による脱毛はエステサロンや
脱毛サロンで行われている方法です。
光(IPL)の脱毛は痛みの感じ方は個人差があり脱毛したい部位によって違いますが、
ゴムにはじかれたような痛みという表現がよくされていますが照射する出力のレベルにも
よりますのでまったく痛みを感じない人もいます。
光脱毛(IPL)はもともとエステサロンで使われていた脱毛方法ですが最初その用途は
主に美肌目的でしみやこじわ、肌のくすみの改善に効果的が期待できるとして光フェイシャル
が主な用途でしたが照射する部位の脱毛効果があることがわかり改良が加えられて脱毛器
として使われるようになり、このことからもわかるように光(IPL)には脱毛と同時に美肌効果が
期待できるというメリットがあります。これが美顔カートリッジとして販売されています。
光(IPL)脱毛はレーザーと比較して光の出力が弱いので毛が薄くなるまでに長いサイクルが
必要で普通1〜2年続けることが必要ですので信頼性のある脱毛器を選びましょう。

 

自宅用レーザー脱毛器(ダイオードレーザー)

自宅用脱毛器基礎知識

医療用のクリニックで永久脱毛として使用されているレーザー脱毛器の出力を抑えて自宅用に改良された脱毛器で医療クリニックでは出力が強いため麻酔クリームを事前に塗って痛みを軽減させて施術します。自宅用レーザー脱毛器では光(IPL)よりも脱毛する部位にもよりますが痛みは強く感じる傾向がありますけど男性のひげ脱毛など光(IPL)で効果が感じられなかった方がレーザーでは効果が出たということもあります。これは光(IPL)に比べてピンポイントにレーザー照射することによって光(IPL)の様に広範囲に分散しない分より脱毛効果が実感でき毛が抜け落ちるのがレーザーの方が早いという方もいますが照射面積が小さい分広範囲の脱毛には不向きです。

 

サーミコン脱毛器(熱線式脱毛)

自宅用脱毛器基礎知識

熱線を利用してムダ毛を焼切る方法ですので厳密にいえば除毛処理になりますが脱毛の一種と考えて説明します。光脱毛器やレーザー脱毛器よりも非常にコンパクトで携帯性に優れていますカミソリでムダ毛の処理した場合などチクチクした感じが肌に残りますがこのサーミコン式の除毛だと毛を焼切る方法なのでチクチクした感じがないことと毛の生えてくるスピードがカミソリよりも遅いというメリットがあります。しかしあくまで除毛として使う機種で脱毛にはなりませんので注意してください。サーミコン式はVIOや脇などには不向きで熱線で毛が焦げる臭いがきつく感じます。

 

 

脱毛器と毛周期

毛周期の流れに合わせて脱毛する!!
毛周期とは毛の成長初期、成長期、退行期、休止期と4段階を繰り返しています。光脱毛器(IPL)やレーザー脱毛器で脱毛できるのは成長期の毛と退行期の一部のみで休止期に入っている毛は成長期に入らないと脱毛ができないので1回の照射だけではムダ毛処理することはできません
なので自宅で脱毛を行う際は2週間程度間を置く必要があります。月に2回ぐらいの頻度ということになります。
但し、ここで気を付けたいのが自分の肌の状態を見ながら脱毛をすすめるということです。
肌の弱い人はこの間隔を少し長く取ることも大切です。

 

自宅用脱毛器毛周期

 

自宅で脱毛をするときの脱毛回数と毛周期の目安!
脱毛器の性能によっても脱毛が完了するまでの期間は大きく変わりますがそれ以外にもムダ毛の生え変わるまでの期間(毛周期)は個人差が
あり毛が濃い人、毛量の多い人、各部位によっても生え変わる期間は違いますのであくまで一般的な毛周期として参考にしてください。

 

ひげ脱毛 毛周期 1か月半〜2か月 脱毛回数 10〜15回

わき脱毛 毛周期    4か月     脱毛回数  8〜12回

腕脱毛  毛周期  3か月〜4か月  脱毛回数  8〜10回

脚脱毛  毛周期  3か月〜4か月  脱毛回数  8〜12回

VIO脱毛 毛周期  4か月       脱毛回数  6〜10回

 

ひげの脱毛をしようとするなら2週間に1回の脱毛をしたとして月に2回のペースですから10回で半年くらいが目安ということになります
こうして徐々に生えてくる周期を遅くしてムダ毛処理していきますが一通り脱毛が完了してもまた毛は生えてきます。
これは医療系のクリニックの永久脱毛でも言えることですが1本も生えてこない脱毛法は存在しません。
ただし脱毛にかかる費用と時間はエステや脱毛サロンに比べ格安に時間も半分程度で脱毛が出来ると思いますので気長に無理なく
脱毛しましょう!
続けることによって個人差はあるものの毛はだんだん薄きなっていきますのでそうなれば脱毛する頻度も下がってきます。
自宅で脱毛する流れは下記のとおりです。

脱毛器を使って脱毛開始直前にシェーバーで脱毛したい部位を剃る!
脱毛器とアイシング用の保冷剤を用意する
照射前にアイシングしてから照射してすぐにまた冷やす

*冷やしておいてから照射することで痛みが和らぎます。
この繰り返しだけ簡単ですよね!
脱毛を自分でするのですから何とか早くしたい気持ちはわかりますがそのためにも脱毛器の選び方で失敗しないようにしてください
出力が低い脱毛器はなかなか毛が抜けてくれませんし充電式だとコードレスなのは便利ですがあと少しで終わるのにというところで
充電切れになったり、照射面積が小さければそれだけ多くの回数の照射が必要になりますから脱毛時間も長くなります。
エステや脱毛サロンと比べて自宅用脱毛器は確かに安価ではありますが決して安い買い物でもありませんので慎重に選びましょう!!

 

 

脱毛器に乗り換えた女性からの支持が高い脱毛器でケノンよりも
ランキング1位を獲得している幅広い年齢層に支持されている脱毛器です
一番お得に購入する方法はキャンペーンなどを頻繁に行っている公式の
サイトで直接購入する方法がおすすめです。
←公式サイト

ケノンと並ぶ高性能自宅用光脱毛器です。エステサロンから自宅用の
脱毛器に乗り換えた女性からの支持が高い脱毛器でケノンよりも
初期費用が抑えられることとエステ級の美顔器が魅力の自分専用に
脱毛器を使う20代半ばからの女性に人気のある脱毛器です。
←公式サイト

唯一レーザー脱毛器で人気の機種トリア脱毛器は光脱毛器で効果を
得られなかった毛の密度が高い、毛が濃い、ひげ脱毛を成功したいなど
手ごわい剛毛部位に特化した方におすすめのレーザー脱毛器です
トリアはレーザー脱毛器で世界的に有名な脱毛器です
←公式サイト

 

 

 

 

 

自宅用脱毛器を買ったあと後悔しないための予備知識

脱毛器選び

脱毛器を購入後によくある失敗例とは?

自宅用の脱毛器はレーザー脱毛や光(IPL)脱毛など
その種類については別のページでご説明しましたが
ではどんな脱毛器を選ぶと後で後悔することになるのか?
当サイトで紹介している脱毛器はそれぞれのメリットと
デメリットも紹介しているので問題ないのですが説明が
足りない脱毛器メーカーもたくさん存在しますので
購入前におさえておきたいポイントを紹介します!

剛毛または毛量が多い人は一体型脱毛器を選ばない!

脱毛器には脱毛器本体(持ち手ハンドル)とカートリッジ部分が一体型のものとセパレート型の
2種類があります。
一体型はフラッシュカートリッジの交換ができないので故障または照射回数がなくなった時点で本体の買い替えが必要になります。
照射できる回数が15万回分程度で女性の全身脱毛が約5回できるとされています。
しかし照射面積が小さい脱毛器はそれだけ照射する回数も当然多くなります。
毛量が多い方、剛毛の方は脱毛が終了するまでにどのくらいの照射回数が必要なのか購入前に誰もわかりませんよね!
なので毛量が多い、剛毛など方は一体型は避けるべきだと思います。
脱毛器を購入される人の中には家族で共有する人もいるかと思います。
そのような使い方をする予定の方にもおすすめできません。

充電型かコンセント型か?

コンパクトタイプの脱毛器は充電型が多く、コンセント型のタイプは多機能な脱毛器が多いようです
それぞれメリットデメリットはありますが充電式の方は約2時間程度の充電で30〜40分程度使用
できるものが平均です慣れないうちはどの程度脱毛に時間がかかるのかわかりませんので途中
充電切れなんてこともありますがコードレスなので脱毛部位によってはコンセント式よりも扱いやすい
という人もいますが持ち手がコンセント式よりも大きいサイズであれば重量もありますのでこのあたりは
好みなのかもしれません。
わたしが使用している脱毛器ケノンは持ち手の重さが120g程度でコンパクトな持ち手なのでコードが
気になるといったことは今までありません。

脱毛器ケノン

ケノンの照射ハンドルはこの大きさで持ち手が軽くて
小さめなので女性向きかもしれません持ち手が
小さいと照射面も小さい脱毛器が多いのですが
ケノンは自宅用の脱毛器の中でも最大の照射
面積のカートリッジで脇脱毛だけなら照射している
時間は5分程度です。
照射面は広い方が絶対に有利ですし時間のかかる
腕や脚の脱毛するときもコンセント式なら途中充電
が切れることもありませんので快適です!

脱毛の成功と失敗はフラッシュ照射の出力で決まる!

 

自宅で脱毛を成功できるか否かは脱毛器の出力で決まります。
それなら選べるのが限られてしまうと思うかもしれませんが出力については各メーカー非公開
なのでその実態は誰も知ることはできませんが脱毛だけに特化しているメーカーもあれば
脱毛と美容(光エステ)の両方に力を入れているメーカーもあります。
当サイトで紹介しているケノン、ツーピーエス、レーザー脱毛のトリアはそれぞれ特徴的な
脱毛器で出力だけで言えば自宅用の脱毛器の中で最大級の製品です。
ケノンは脱毛器に美顔器をプラスしてカートリッジも脱毛部位によって交換できるようになっていて
家族または彼と共有して使う人が多くツーピーエスはエステサロンから自宅脱毛に切り替えた女性
をメインにした機能を付加しています。
唯一のレーザー脱毛器トリアですがフラッシュ(IPL)脱毛でうまくいかなかった男性の髭脱毛で
トリアに変えて成功したなどそれぞれタイプが異なっていますので機種については好みがあると思います
しかし自宅で脱毛を成功させるためには出力が大きい脱毛器を選ぶことと照射面積が広いカートリッジ
の方が脱毛に有利ですのであとで後悔しないためにこのことは忘れないでください。

 



 
トップページ 光脱毛器ケノン 光脱毛器ツーピーエス レーザー脱毛器トリア 脱毛器の基礎知識